電子書籍を使うとこんなことができる!

電子書籍は文字が拡大できる

人類が紙の本を読み始めて以来、文字の大きさは出版社側が決めて読者は文字サイズを選択できない、という点は解決できない悩ましい問題として存在し続けてきました。しかし、電子書籍というものが登場し、ようやくその長年の問題が解決しました。具体的には、雑誌やコミックなど画像ファイルとして販売されている作品を除いて、テキスト中心の電子書籍作品は基本的にどれも文字サイズの拡大・縮小を自由に行うことが出来ます。しかも、何か難しい設定変更が必要なわけではなく簡単な操作で変更できます。そして、小さい文字が読みにくい場合、ちょっとだけ文字を大きくできる程度の変更しかできないわけではなく、相当文字を拡大できるため、どんな人でも本が快適に読むことが手来ます。

文字検索機能なども便利

文字拡大・縮小機能同様に便利だと言われるのが、サーチエンジンでWebページを検索するように、端末内の文字を全文検索することが出来るという点です。この機能を利用すると、参考書・辞書的な電子書籍作品をたくさんの利用している場合、すぐに調べたい語句・項目が見つかったりして、勉強などに大きく役立ってくれる可能性があります。また、文字の拡大・縮小ができないという点同様に紙の本の大きな欠点といわれてきた「暗い場所では本を読めない」という問題を解決した点も大きいと言われます。一部のベーシック商品を除いて電子書籍気端末には画面を照らすライトが付いているため、夜の寝る前の時間帯で電気を消した状態で本を読む事かできるようになります。そして、屋外の暗い場所にいる時もライトなしで読書できるようになります。