電子書籍を使ったことがない人へ、そのメリットとは?

膨大な冊数を所有する場合でも場所を取らない

今までの本に慣れている人は、電子書籍にどこか頼りないイメージを持つかもしれません。というのは、1000ページ近いような本であっても、その重量を体感することができないからです。紙という形で所有できないというのも、もしデータが消えてしまったらどうするんだという心配につながるでしょう。
では、電子書籍にそういったイメージを覆すメリットはあるのでしょうか。実は紙の本にはない数多くのメリットが存在しています。一番のメリットとして挙げられるのは、所有に必要な場所を取らないということでしょう。もし、図書館に所蔵されているのと同じぐらいの冊数を所持していたとしても、パソコンやタブレット、スマートフォンがあればすべての本を読むことができます。

どこからでも買えてすぐに読める

どこからでも購入できて、すぐに読めるというメリットも紙の本にはないものです。紙の本の場合、ネットショップを利用すればスマホなどを通じてどこからでも購入することができますが、配送まで時間がかかるのですぐに読むことはできません。書店に行って購入すればすぐに読むことができますが、近くに書店がない場合はどうにもなりません。
しかし、電子書籍であれば、スマートフォンや専用端末を用いて購入し、電子書籍サービスのシステムを使ってすぐに読むことができるのです。事故や自然災害などで電車が著しく遅れているというとき、あるいは外出先で急遽、時間を潰さないといけなくなったときなど、電子書籍は暇つぶしのツールとして役に立つでしょう。