初めてでも楽々!電子書籍の使い方

電子ペーパー端末は簡単に操作できる

電子書籍を本格的に利用する場合、カラー雑誌ではなくカラーである必要がない作品を中心に利用する場合は、電子インクを使用したモノクロの電子ペーパー端末を買って読むのが主流です。しかし、機械が苦手なかたには「操作が難しいのではないか?」という心配がある人も多いと思います。しかしその心配は不要で、モノクロの電子ペーパー端末というのは、いわゆる「かんたんスマホ」と呼ばれるようなものを上回るほど操作は簡単で、慣れれば機械・デジタル商品が苦手な高齢者などでも十分に使いこなすことが可能です。そのため、文字を自由に拡大・縮小できる電子書籍は、機械が苦手な文系のかた、もしくは文字が小さい紙の本を読むのが大変になってきた高齢者のかたにもおすすめです。

アプリの操作方法も簡単

電子書籍は、モノクロの電子ペーパー端末を買わないと買った作品を読めないというわけではありません。既にスマートフォンやカラー液晶タブレットを持っていれば、アプリを端末にダウンロードすることによって買った作品を読むことが出来ます。さらにスマートフォンやタブレットを持っていない人のため、または大画面で電子書籍を楽しみたい人向けに、PC向けアプリまで用意している電子書店も増加中です。そして、スマホ・タブレット・PC向け各アプリは、それぞれの端末が普通に操作できるような人であれば、確実に使いこなせるほどの簡単操作アプリとなっていて難しいものではありません。また、アプリ自体に関しても高い価格で有料販売されているわけではなく各書店とも無料で配布しているため、アプリ購入費用はかからず、手軽に利用を開始できます。